リバウンドしない断食ダイエットのやり方とは

リバウンドしない断食ダイエットのやり方とは

本来、断食は一種の儀式でした。大昔は1日のほとんどを食物を得ることや作ることに費やしていました。現在のようにお金を出して簡単に素材を手に入れることができなかったからです。

 

断食は沈思黙考の機会でした。しかし現在の断食はダイエットや健康のためです。どのようにすればリバウンドしない断食ができるでしょうか。

 

ポイントは一定の期間をかけて食事の量を減らし、戻すときも時間をかけることです。食事の量を減らすことで、体を慣らしていきます。人の体は優れた順応性を備えています。たとえばいつも朝食を食べていたのに、寝坊して食べられない時はお腹がすきます。

 

でも毎日食べないなら、体は順応し蓄積されていたエネルギーを徐々に消費します。断食をする日を決めて、その日に向けて少しずつ量を減らしていきましょう。その際も我慢しすぎないようにします。あまりにも厳格にすると、反動でたくさん食べたくなるかもしれません。そうなると逆効果です。

 

お腹がすいたら、何か軽くつまむようにしましょう。断食を終えたら同じようにして、食事を戻していきます。胃が小さくなっているように感じるかもしれません。体が少食に順応するようになればリバウンドすることはありません。