ダイエット後にリバウンドしないためには

ダイエット後にリバウンドしないためには

ダイエットをしようと考える時点で、その人はある程度以上太っていると感じているはずです。その体重を減らそうと急いでダイエットすると、体調を崩したり、リバンウンドしてしまうことが多々あります。ダイエット後にリバウンドしないためには、計画的にダイエットすることが大事です。

 

まず今の体重とダイエット後の目標体重を把握します。できればBMIも把握しておくと良いでしょう。もしもBMIが標準内で、目標体重をまだ上回っている場合は計画の見直しをお勧めしますが、どうしてもと言う方は筋トレなどの運動によるダイエットを行い、決して食事制限しないのが、ダイエッテ後にリバウンドしないコツです。

 

筋肉量を増やせば基礎代謝が上がりダイエット後に太りにくい体を手に入れることができます。確かに筋肉は脂肪より重量が重いため数字的には体重が減少しないかもしれませんが、見た目はスマートな美しいプロポーションが得られるはずです。一度理想のプロポーションを目にすれば、2度とリバウンドしないように気を付けるようになります。

 

一方BMIが標準を上回っている方は、運動と食事制限の二本立てがお勧めです。ただし一度に無理なダイエットはせず、ひと月に現体重の5パーセント以内の体重減に留めます。これが大事です。5パーセント以上のダイエットをすると、特に食事制限中心でダイエットですと体が飢餓状態と判断し、少ない食事からより多くの栄養を取ろうとするようになります。

 

確かに初めの一月は面白いように体重は減るでしょう。問題はそのあとです。より栄養を吸収しようとする体になると、体重は減らなくなってきます。俗にいう停滞期です。多くの人はここで挫折します。たとえこれを乗り越えるために無理な減量を続け目標体重になったとしても、体は飢餓だとかんじています。

 

安心して食事を増やすと、その栄養を一気に吸収してあっという間にリバウンドしてしまいます。このようにリバウンドしないために必要なのが月5パーセント以内の減量で計画的にダイエットを行うことです。時間はかかりますがダイエットごにリバウンドしないためには大事なことです。基礎代謝を上げることもお忘れなく。