断食ダイエットではリバウンドしないのか?

断食ダイエットではリバウンドしないのか?

ダイエットといえば一部の人には生涯付き合っていく相手とも言えますね。

 

その一部の人が増えに増え、もう一時的なブームではなく「万年ダイエッター」などというライフスタイルの一種となっています。

 

最近では肉体改造やサプリメントで痩せる方法が目立っていますが、即効性があり経済的なのが断食です。

 

ダイエットとは一般的に消費カロリーを摂取カロリーより多くすればいいのですから、目的が体重を減らすことであればいっそ摂取カロリーをなくしてしまえば成功するのです。

 

では目標体重に達した後、元の生活に戻った時にリバウンドしないのか?
残念ながら、します。

 

断食によって体から失われるものは、三日程度の短期間であれば水分と腸内の老廃物が大部分です。一週間以上の長期間であるとまず筋肉です。

 

三日断食の後食事をすれば、出したものをそのまま入れるだけですから、元の状態に戻るわけです。

 

長期断食の後はタチが悪いです。筋肉というのは消費カロリーを担う運動代謝と基礎代謝に大きく関わりますから、元の食事をすると摂取カロリーの比率が増えむしろ以前より太りやすくなってしまいます。

 

では断食ダイエットは成功しないのか?

 

筆者の経験上、約90キロあった体重を現在約60キロにした方法が断食ですから成功はします。

 

結論を言えば、筋肉が減ろうが断食を終えた後、その食べない習慣を身につけ摂取カロリーを増やさなければリバウンドしないということです。